さかな暮らしダブルの効果は?70代の母がほしいといったので調査

母がマイケアという会社のチラシを持ってきて、「これが欲しい」といったのがさかな暮らしダブルでした。さかな暮らしダブルは、中性脂肪を下げる・記憶力を維持するといった2つの効果効能に関して消費者庁から認可を得ている機能性表示食品です。

 

最近記憶力に自信がなくなった母には記憶力を維持するという文字が響いたようです。ということで、母のためにさかな暮らしダブルについて調べてみることにしました。

 

 ➡ さかな暮らしはこちらです。

 

さかな暮らしダブルは2つの効果が期待できる機能性表示食品

さかな暮らしのメインとなる成分はDHAとEPAです。DHAとEPAが機能性関与成分として消費者庁に届けられていることから機能性表示食品として表示されているのですね。

 

それだけでなく、さかな暮らしには、DHAとEPAの配合量が他のサプリに比べても圧倒的に多いということが特筆されます。

 

他のDHAEPAサプリと比較してみると

 

DHA EPA
さかな暮らしW 260㎎ 600㎎
イマークS 260㎎ 600㎎
大正DHA・EPA 400㎎ 200㎎
きなり  451㎎ 49㎎
佐藤製薬美健知箋 550㎎ 200㎎

 

さかな暮らしダブルには、DHAが260mg EPAが600mgも配合されているのです。

 

この表の中には、トクホの健康食品として正式にその効果効能を認められているイマークSもありますが、さかな暮らしには、このイマークSと同配分のDHAとEPAが含まれていることは注目すべき点です。

 

イマークSはこれを1日1本4~12週間継続して飲むことで、血中中性脂肪を約20%低下させる作用が認められたということで特定保険用食品(トクホ)として国から認定されています。

 

さかな暮らしは機能性表示食品としてその効果が認められている上に、その配合量もトクホとして認められているイマークSと同じ配合量であることからもその効果は実感しやすいと思います。

 

と、ここまでは、中性脂肪を下げる効果について見てきました。血液サラサラは母にとっても大切なことですが、母が期待しているのは記憶力の方なんですよね・・・・

 

EPAとDHAは構造的にはにているようですが、働きはそれぞれ違います。

 

EPAは血管に弾力を与え健康な状態に保つとともに血液をサラサラにする働きを持ち、DHAは脳や網膜などの神経系に豊富に含まれる栄養素でオトナの認知症の予防や子供の記憶力を上がる効果が期待できる成分なのだそうです。

 

おや、記憶力にはDHAのほうが多いサプリメントにしたほうがよいのでは?って思いますよね。でも、さらに調べてみるとこんな記述がありました。

 

EPAとDHAは構造も働きもにていますが、血中に取り込まれやすいのはEPAのほうです。認知力のサポートにはDHAのほうが優れているのですが、EPAは体内でDHAに変換されるのでEPAを十分に摂取していれば、DHAも補給していることになるとのこと。

 

ということは、吸収しやすいEPAをより多く摂取したほうが、中性脂肪の低下だけでなく、記憶力の維持のためにも理にかなっているということになります。なので、EPAの配合量の多いさかな暮らしは記憶力への効果もバッチリであるということで納得しました。

 

 ➡EPA・DHA配合のさかな暮らしはこちらです。

 

 

さかな暮らしダブルはDHA・EPAへのこだわり

安全性

さかな暮らしダブルに含まれているDHA・EPAの量はトクホの健康食品であるイマークSと同等であるということはわかりました。しかし、量だけでなくその質も肝心です。

 

さかな暮らしに使われているDHAとEPAの原料はマイワシとカタクチイワシで、ペルー・チリ・エクアドルなどの海外産の物を使うことでコスパを抑えているようです。日本で水揚げされていないというだけで、もともとイワシは回遊魚であるので、海洋由来の有害物質さえ検出されなければ問題ありません。

 

さかな暮らしダブルの原料であるさかなは、水銀・鉛・セシウム137・セシウム134・ヨウソ131の検査を製造ごとに行い不検出とされたもののみを使用しています。

 

酸化対策

また 原料の安全性とともに重要なのが酸化対策です。さかな暮らしダブルには、酸化を防ぐために原料の段階で抗酸化作用のあるビタミンEを配合、さらにアスタキサンチン含有のクリアオイルも配合しています。

 

酸化対策において大切なのがこれによりシッカリと酸化が防止されているかという点です。さかな暮らしでは、その点をしっかりと検査し公表しています。

 

 

 

酸化しやすいDHAやEPAを酸化しない状態で体の中に届けるということは極めて重要なことなのです。

 

効果的に飲む方法は?

DHAとEPAは酸化しやすい成分です。さかな暮らしでは徹底した酸化対策を行っていますが、熱により酸化が促進されてしまうので、服用するときは常温の水で飲んだほうが良いでしょう。

 

1日6粒を目安に飲むのですが、1日分を一気に飲むよりは、何回かに分けて飲んだほうが良いです。朝昼晩の食後消化吸収が活発なタイミングで2個ずつ3回に分けて飲むように習慣づけると忘れにくいと思います。

 

さかな暮らしは薬ではないので即効性はありませんが、毎日しっかりと続けることで少しずつ効果が現れてきます。

 

さかな暮らしは一粒の大きさが成人男性の小指の大きさ位あるということなので、高齢者である母には少し飲みにくいのではと心配です。

 

噛んで飲んでも問題はないようですが、魚臭さは免れないのでそこは頑張って飲み込んでもらうことにしてもらいます。^^;

 

さかな暮らしの口コミにみる評価は?

40代女性

父のために購入。明らかにアレとかソレといった言葉が減りました。おかげで会話が弾み笑顔も増えました。

40代女性

さかな暮らしダブルを飲み始めて3ヶ月になります。食事も気をつけ軽く運動もしていますが、4kg減らすことができました。肌や髪の調子もよいのでこのまま健康的にやせられるのではと期待しています。

50代女性

中性脂肪が気になっていました。こちらを飲み始めると同時にヨガも始めたのですが、おかげで血中中性脂肪も減ってきました。生臭いEPADHAサプリは苦手ですが、これは匂いが気になりませんでした。

60代女性

これを飲み始める前は、料理を焦がしてしまったり洗濯ものを取り入れるのを忘れたりとうっかりが多かったのですが、最近はうっかりも減り以前よりもテキパキと動けるようになりました。

60代男性

健康診断に引っかかり機能性表示食品という点に期待し飲み始めました、数値的な変化はわかりませんが体調は安定しています。

50代男性

さかな暮らしダブルを飲み始めてから、頭もスッキリしイライラすることも減りました。前向きに考えられるようになったのもこのおかげだとおもいます。

 

ここまでが口コミです。(個人の感想)

※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

 

コスパよし!この品質で低価格!

イマークSは20本で6000円に対して、さかな暮らしは同量のEPAやDHAを摂ることができながら1か月分の単品価格が2800円というのはおどろきです。

購入方法は4パターン

一回限りの購入

◆ 単品での購入     2800円 税別 送料 250円

◆ 二袋まとめての購入  5600円 税別 送料無料

定期での購入

回数の縛りはなくいつでも休止・変更可能

◆ 毎月1袋での継続

2520円 税別 送料250円

◆ 2ヶ月・3ヶ月ごとの2袋お届け

5040円 税別 送料無料

 

どのように購入しても初回1ヶ月分は全額返金保証がついているので、体質に合わなかった、飲みにくくて続けられないなどという場合でも安心です。

 

このキャンペーンは、2018年の4月30日までと決まっているようなので、ご購入をお考えの方は、早めに公式通販サイトを確認してみてください。

 

 

さかな暮らしの公式サイトは下の画像から入れます。

▼▼▼

さかな暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【40代のファッションレンタル】は エアークローゼット?エディストクローゼット?

クローゼットの中には洋服がたくさんあるけれど、結局いつも同じ服ばかりを着てしまう。最新のファッションは着てみたいけれどこれ以上洋服は増やしたくない。そんなとき最新のトレンドの洋服が借りられるファッションレンタルサービスが便利です。こちらでは40代女性が利用しやすいアークローゼットとエディストクローゼットをご紹介しています。