いちポリ練り生石鹸の取扱店は?ららぽーと以外ではどこで買えるの!

いちポリ練り生石鹸は肌を明るくするイチゴポリフェノールや豆乳発酵エキス、アロエエキスなどのうるおい成分をじっくりと練り上げた無添加の洗顔石鹸です。いちポリ練り生石鹸はららぽーとなどの特設会場で販売されることが多かったのですが、通販でも購入することが可能になりましたのでご紹介します。

いちポリ練り生石鹸の取扱店は?どこで買えるの。

先日、たまたまスーパーで見かけた白いいちご。テレビでは見ていたけど実物にお目にかかったのはそれがはじめてでした。ひとパックはさすがに高かったので一粒100円パックを試しに買ってみて試食しました。正直特別においしいというものではなかったけど、珍しいものを食べたという満足感だけはありました。

白イチゴを使った洗顔石鹸があるということを知ったときは、いちごの石鹸ならまだしも、いきなり白いちごとはなんと贅沢なと面食らいました。

いちポリ練り石鹸練り石鹸は、最初店舗ではなく露天での販売からはじめた商品だそうです。というのもいちポリ練り生石鹸 は震災直後の宮城県で開発された石鹸だったからです。開発者である段陽子さんが妹さんと一緒に空き地の露天から販売を始め、40代の女性を中心に口コミで広がり30万個を売り上げる人気商品に成長していったそうです。

開発者の段陽子さんです。

※ 私も東北人なので応援しています!!

いちポリ練り生石鹸はららぽーとなどの催事場での実演販売が主流で、実店舗での取扱店はありません。催事場を探して歩くわけにもいかないので、通販サイトで購入できるようになり、手に入れやすくなりました。

通販なので送料がつきますが、通常価格1,930円(税込)で購入できます。また、特別定期プランもあるのでこちらで購入すれば初回価格が1,544円(税込・送料別)となります。こちらは定期購入なので3回までの継続になりますが、2回目以降も10%での購入になるので単品で継続するよりお得ですよね。

定期で申し込むとさらにイチゴポリフェノール配合のいちポリホワイトベリーじぇる(10g)もお試しできます。

いちポリ練り生石鹸の公式通販サイトはこちら

いちポリ練り生石鹸はどうして白いちごなの?

ところで、どうしていきなり高級果物の白いちごなの?普通の赤いいちごじゃあだめなのという疑問が残りますよね。

いちポリ練り生石鹸の主成分はいちごのポリフェノールです。このいちごポリフェノールの中に含まれるエラグ酸が女性の肌との相性が良いということから、いちごが素材として選ばれたのです。

従来のいちポリ練り石鹸は普通の赤いイチゴからこのポリフェノールを抽出して石鹸としていたようです。それでもその反響は大きかったようですが、さらにポリフェノールの濃度をあげてその品質を高めるには赤いいちごでは限界があったとのこと。石鹸がジャムのように真っ赤になってしまうことから、選ばれたのが白いちごということでした。

高級果物白イチゴを現状のまま原料にしていたら、いちポリ練り生石鹸は、数万円の高級練り石鹸として世に出るしかありませんでした。この価格で私達の手に届けられるようになった背景には、おなじく震災を経験された宮城県のイチゴ農家さんの協力があったからだそうです。

白イチゴのポリフェノールが濃縮配合されたいちポリ練り石鹸は、自然環境の変化で年々強くなり紫外線や仕事や子育てによるストレスにより加速している女性の肌老化に対応できる石鹸として、今、多くの女性に注目されているのです。

【動画】使い方のポイントは生泡!

いちポリ練り石鹸の使い方は次のとおりです。洗顔に入る前に手の脂や、汚れを落とすこと、泡立ちの良いネットを使うことがポイントです。

step1

1回分の使用量は親指の爪が隠れるくらいの量です。

step2

もち泡ネットなどを使用することであっというまにふわふわもっちりの生泡が完成します。

生泡の効果的な作り方はこちらの動画がわかりやすいですね。

いちポリ練り石鹸の使用者の口コミから

43歳

ららぽーとの実演販売で購入しました。子供が小さいので泡立てるのは面倒だなあと思いましたが、今ではこの泡にすっかりハマっています。毛穴の汚れは一度でだいぶきれいになりました。スクラブでもだめだったのでこれはすごい。

43歳

むっちりした泡が気持ちいです。アトピーなので刺激がないということが、一番条件です。普段は洗顔後すぐに化粧水を付けないと乾燥するのですが、これは問題ありませんでした。しかも毛穴の汚れもバッチリ取れました。これで洗うと肌が明るくなるのも驚きです。

44歳

横浜のららぽーとで購入しました。新聞で見て気になっていたのですが、敏感肌なのここで試してから購入できたので良かったです。無添加で中学生の娘も使えるということだったので2個購入。アトピーでくすみがちだった肌が少しずつ明るくなってきました。

60代

たった一回の洗顔で角栓がとれ肌が明るくなったので感激しました。周りからもファンデ変えたの?と聞かれるくらいです。

67歳

娘に勧められてはじめました。最初は、若い子に合っても私にはどうかなと半信半疑でしたが、日増しに肌が柔らかくなるので驚いています。

ここまでが口コミです。(個人の感想)

※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

いちポリ練り石鹸は、石油系界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・パラペン・加水分解小麦は一切含まれていませんが、心配な方は、いきなり泡を顔に当てるのではなくパッチテストをしてからお使いくださいね。

SNSでも評判ですね。

#いちポリ #練り生石鹸 もっちもっちですねん

SAORINさん(@heart_saorin)がシェアした投稿 –

いちポリ練り石鹸について知りたいことQ&A

Q いちポリ練り石鹸一個でどれくらい使えるの?

親指大の量の使用で約30日間です。

Q 香りは?イチゴの匂いがするの?

香料としてはオレンジ果皮エキスが使用されているので、柑橘系の爽やかな香りです。

Q もち泡ネットを使わなくてもよいですか?

プレゼントのもち泡ネットを使うことで、良きキメの細かいふかふかのクッションのような生泡が簡単に作れます。

Q 子供も使えますか?

いちポリ練り石鹸にはいちごポリフェノールや豆乳エキスなど肌に負担をかけない成分を中心に作られています。また、きめ細かい泡での洗顔になりますので肌もこすらず、洗顔後の潤いも続くのでデリケートなお子様の肌でも使うことができます。

Q イチゴポリフェノール以外の成分って何が入っている?

しっとり成分として、豆乳発酵エキス、アロエベラ葉エキス、しょうが根エキス、オレンジ果皮、ベルガモット果実エキスが独自比率でブレンドしてあります。

Q どうしてこんなにもっちりした泡ができるの?

イチゴポリフェノールに含まれている保型成分「ペクチン」が泡と泡をつないでくれるので時間が経過しても泡が崩れにくく、高い吸着力をキープしてくれます。いちポリ練り石鹸はこのイチゴポリフェノールで保型特許も取得しています。

いちポリ練り生石鹸の全成分はこちらです。

水、グリセリン、ソルビトール、ステアリン酸、パルミチン酸、BG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、水酸化Na、イチゴ果実エキス、豆乳発酵液、アロエベラ葉エキス、ベントナイト、ポリクオタニウム-7、ベルガモット果実油、オレンジ油、ショウガ根油、フェノキシエタノール、PEG-65M

6つの無添加なので肌に優しいです。

石油系界面活性剤

鉱物油

香料

着色料

パラペン

加水分解小麦

いちポリ練り生石鹸についての詳細は公式サイトもご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする