40代!これはそばかすなのシミなの?消す方法は?

40代!顔に広がるこの斑点はそばかすなの?シミなの?

そばかすもシミもないことに越したことはないけれど、そばかすのほうは、歌の題名になったり、マンガの主人公の鼻の頭にあったりと可愛らしいイメージもあります。

では、40歳になって顔に広がる斑点の正体は一体何なのでしょう?

そばかすもシミもシミであることには代わりはないので、特に区別することもないとも思いますが、そばかすの主な原因は遺伝的なものがあるという点は無視できません。

正式名を雀卵斑というそばかすは、幼少期に発生し思春期以降や年齢を重ねるに連れて次第に薄くなっていくケースが多いです。なので、10代のそばかすは、紫外線に気をつけながらお手入れすることで将来的に気にならない程度になる可能性があります。

では、40代になってできる斑点はすべてシミなのかというとそういうものでもなく、遺伝とは関係なく後天的にできるそばかすなのだそうです。

成人になってから発生し斑点が1~4ミリくらいの小さい斑点が頬や鼻に細かく散らばるようにできた場合は後天性のそばかすといえます。

40代になってからできたそばかすに悩んでいる人も少なくなく、後天的にできたそばかすは、年齢を重ねるとに色が濃くなる傾向にあるので適切なケアが必要になります。

40代でそばかすができる原因ってなに?

そばかすができる原因に最も大きく関係するのが、遺伝的要素であることは間違いありませんが、その他にも後天的にそばかすができてしまう原因がいくつかあります。

遺伝的なもの

子供の頃からそばかすがある人は、メラニンを作りやすい肌質を親から引き継いでいる可能性があります。幼少期のそばかすは次第に薄くなるかもしれませんが、本来の肌質は変わっていないのでケアを怠ると、再びそばかすが増え始めることになりかねません。

紫外線

大人になってからできるそばかすの原因は紫外線です。子供の頃からそばかすがある人は
紫外線によりそばかすが増えたり、濃くなることもあるので気をつけてください。

栄養不足

バランスの悪い食生活はそばかすの原因になります。活性酸素を抑えるビタミンCや肌の老化を防ぐビタミンEは意識して摂るようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じることで副腎皮質からコルチゾールというストレスホルモンが分泌されこれが活性酸素も生成します。活性酸素は増えすぎると体にダメージを与え、このダメージに対する防衛反応としてメラニンの生成が促されてしまうのです。

後天性のそばかすを予防する方法

そばかすには遺伝による影響が強いということででシミとは異なりますが、その発生の原因がメラニンであるという点においては変わりはありません。ですので、予防方法もメラニン色素が過剰に生成されないようにしたり、肌のターンオーバーが崩れないようにするという点においては同じです。

遺伝性のそばかすは完全な予防は難しいとされますが、症状を悪化させないためにもしっかりとケアをしなければいけません

紫外線対策をおこなうことは大切です。

・日傘やサングラスを使用する、
・UVカットの手袋・ストールなどを利用する
・日焼け止めを塗る

紫外線対策は日差しが気になる夏だけではなく季節を問わずに注がれているので遺伝的にそばかすができやすい体質の場合は1年を通してケアを行ったほうが良いでしょう。

ビタミン類をしっかりと摂る

そばかすやシミを目立たなくさせるために意識的に摂っておきたいのがビタミンCとビタミンEです。その理由をメラニンが生成される仕組みからみてみましょう。

紫外線により活性酸素が発生すると、酸化酵素であるチロシナーゼが活性化します。このチロシナーゼが細胞内のチロシンというアミノ酸に作用してメラニンが生成されるのです。

このとき、ビタミンCを摂っていればチロシンがメラニンを生成することを抑制できますし、ビタミンEはチロシナーゼの働きを抑えてくれるのでメラニン生成を阻止することができるのです。

ターンオーバーを整える

肌のターンオーバーが乱れるとメラニン色素が排出されにくくなるためシミやそばかすとして残ってしまいます。ですので、食生活に気をつけたり、睡眠をしっかりととったりしながら肌の代謝を良くすることを心がけてください。年齢的にも女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期でもあるので、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

食生活

「まごわやさしい」

この言葉にはバランスの取れた食品のすべてが含まれています。

は豆類
はごま類
はわかめなどの海藻類
は野菜類
はさかなや肉などのタンパク質
はしいたけを代表とするきのこ類
はイモ類

一度の食事でこれらすべてを摂ることは難しいですが

まごわやさしいと唱えながら1日の献立を考えてみるとよいかもしれませんね。^^

睡眠の質を高める

質の高い睡眠をとるためには副交感神経が優位になったリラックス状態になることが重要です。そのためには寝る前の入浴が大きな助けになります。

就寝の30分~1時間ほど前に、40度前後のお湯にゆっくりと浸かって体をリラックスさせるようにしましょう。

スキンケアを見直す

メラニンは本来肌を守るために生成されるものであるので、刺激を受けることで増加することもあります。ですので必要以上にメラニンを作り出さないためにも肌への過度な刺激は要注意です。洗顔やスキンケアの際は、肌をこすらないように優しく行うようにしてください。

また、効果効能が認められた成分が入っている医薬部外品の美白コスメもおすすめです。いろいろ試して自分に合うものを見つけてみてください。

そばかすやシミを消すための薬について

そばかすやシミを消すためにサプリメントや医薬品を飲むことは有効ですが、サプリメントと医薬品の違いについて復習してみましょう。

医薬品とは?

医薬品はもともとが病気の治療や予防を目的にしているものなので、その成分内容や効果効能、副作用、用法・用量についてしっかりと調査が行われなければなりません。その上で、品質や有効性、安全性が確認されたものとして、厚生労働省から承認を受けたものが医薬品とし扱われます。

サプリメントとの違いは?

サプリメントは、そもそも薬ではなく食品に分類されるものであるため栄養素を補うことはできるけれども、医薬品のような病気の予防や治療効果は認められていません。

ですので、サプリメントには具体的な効果効能を表記することはできないのです。

医薬品は5種類

要指導医薬品   医療用医薬品の成分を含み副作用・相互作用などで注意が必要

第1類医薬品   要指導医薬品とほぼ同じ扱い

指定第2類医薬品 第2類医薬品の中でも他の薬とののみ合わせに注意が必要なもの

第2類医薬品   副作用や相互作用等において安全性、注意が必要な医薬品

第3類医薬品   副作用のリスクが低く相互作用が穏やかなもの

そばかすやシミ対策に、市販の飲み薬を検討される方は、この点を抑えて使用するようにしてください。

シミだけでなく小ジワへの効果効能が認められた第3類医薬品としては【キミエホワイト】が有名ですね。

そばかすやシミの病院での治療方法

一度できたそばかすやしみをセルフケアを行い地道に薄くしていくことは可能ですが、やはり時間がかかります。そばかすやシミの治療は皮膚科や美容クリニックで行うことができるので、短時間で効果を得たい場合は専門家に相談してみるのも良いと思います。

治療方法

塗り薬

塗り薬として処方されるものとしてはトレチノインとハイドロキノンがあります。

◆ トレチノイン

メラニンを体内から排出するだけでなく古い角質を落としたり、皮脂の過剰分泌をを抑える効果を持っています。

◆ ハイドロキノン

メラニンの生成を抑制するので肌を白くする効果があります。

ハイドロキノンは強い漂白作用があるのfr高い効果が期待できますが、副作用も強いためアレルギー反応や長期使用で白斑ができるというリスクもあります。使用の際は医者様の指導に従ってください。

そばかすやシミへの施術

フォトフェイシャル

カメラのフラッシュのような光を肌に当てて、皮膚に沈着しているメラニン色素を浮き上がらせます。これによりコラーゲンを生成する繊維が細胞の働きも活性化されるので、加齢による肌の弾力不足も同時に解消できるというメリットもあります。

フォトフェイシャルはダウンタイムが殆ど無い肌に優しい治療法なのですが、一度で効果を実感することは難しいため3~5回ほど続ける必要があります。

イオン導入

高濃度のビタミンAやビタミンCを微弱な電流でイオン化させ肌に浸透させる方法です。

こちらもダウンタイムが殆ど無い優しい治療法であるため、繰り返し治療を受ける必要があります。

レーザー治療

そばかすやシミにレーザーを照射することでメラニン色素を破壊します。色素沈着のリスクはありますが、1回の治療でかなりきれいになります。

シェアする

フォローする