日清オイリオのCMに魅せられて!MCTオイルについて調べてみた

日清オイリオのCMでには長谷川潤さんが出演していますが、彼女の美しさが印象的です。このCMには美しく健康的な体を目指している全ての方にMCTを活用してほしいというメッセージがこめられているとのこと。

MCTオイルについて知りたくなりました。

 

日清オイリオのMCTオイルのCMに込められたメッセージ

こちらが日清オイリオMCTのCMです。

このCMに出演した長谷川潤さんはMCTオイルについてこのように

コメントしています。

CMでは、私が今はまっているエクササイズ、「バール」をしています。
MCTオイル、ココナッツオイルはボディメイクのための運動にぴったり!良いオイルを摂ることで、美しくハッピーな毎日になると思います。
みなさんも是非MCTオイルを取り入れてみてください!

 

長谷川潤さんが紹介する日清オイリオのMCTオイルとは、100%中鎖脂肪酸(MCT)を使用した食用油脂です。

 

このMCTは、一般的な植物油と比べて消化吸収がよい、エネルギーに変換しやすいという特徴を持っています。

 

中鎖脂肪酸(MCT)といえばココナッツオイルでおなじみですが、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸(MCT)が約60%、MCTオイルは100%と純度が異なります。

 

 

商品はこちらです。▼▼▼

日清MCTオイル 400g 【日清オイリオ 中鎖脂肪酸】《あす楽》

MCTオイルの特徴

MCTとはMedium Chain Triglycerideの略で日本名が中鎖脂肪酸です。

中鎖脂肪酸はココナッツやパームフルーツなどヤシ科の植物の種子の核の部分にっ含まれる天然の成分です。ヤシ科の種子ということで日本人の食生活には馴染みがなく感じますが、MCTそのものは牛乳や母乳にも含まれている脂肪酸です。

 

一般的なキャノーラオイルやオリーブオイルは長鎖脂肪酸であるのに対して、MCTは中鎖という名前が示すとおり、長さが半分であることを意味します。

 

長鎖脂肪酸に比べて短いため、糖などと同じように小腸から直接肝臓に入り分解されやすい性質を持ちます。

 

これに対して長鎖脂肪酸は小腸で消化、吸収されたあと、リンパ管や静脈を通って脂肪組織や筋肉肝臓に運ばれます、そして、必要に応じて分解されたり蓄積したりするのです。

 

中鎖脂肪酸は分解される経路が長期脂肪酸とは異なるため、一般的な油よりも4~5倍も早く分解され短時間でエネルギーに変わるのです。

 

医療現場では40年も前から使われていた

MCTのこのような特性をいかして、

 

・エネルギーを早急に必要とする未熟児

・高脂肪食が必要なてんかん患者

・消化器系の手術により油の吸収が落ちてしまった患者

・十分な栄養摂取ができなくなった高齢者の低栄養状態の改善

 

など、医療の現場では古くから利用されています。

 

脳への働き

脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、老化や疾病によりこのブドウ糖がうまく使えなくなります。すると脳はエネルギー不足となり新しいことを覚えにくくなったり覚えていることをスムーズに取り出したりできなくなるのです。

 

最近の研究では、アルツハイマーの患者の脳ではこのブドウ糖をうまく利用できなくなっていることが明らかになっているそうです。

 

一方、今日まで人の脳でエネルギーとして使われるのはブドウ糖しかないとされていたのですが、最近の研究では体内にブドウ糖が不足した場合、脳では肝臓で作られるケトン体も使用されることもわかってきました。

 

ここから、脳機能の衰えを防ぐためにはケトン体が有効なのではといった研究がすすめられているそうです。

 

人の体はブドウ糖が不足すると体に蓄えられた脂肪をもとに肝臓でケトン体を作り、それをエネルギーとして利用する仕組みになっています。ということは、体にブドウ糖が十分にあるときはケトン体が作りにくい状態にあると言えます。

 

でも、中鎖脂肪酸(MCT)はブドウ糖が体の中にあってもケトン体を効率良く作り出すことができます。

 

実際にMCTの摂取が、短期記憶にどのような影響を与えるかという研究を行ったところ、MCTを摂取したグループでは血中のケトン体が増えて記憶力の低下が抑制されたとのこと。

 

この研究結果から、ブドウ糖をうまく使えずエネルギー不足になり休眠していた脳細胞が、MCTによって生み出されたケトン体をエネルギーとして再び機能し始める可能性があるのではとされているのです。

 

MCTオイルのダイエット効果

MCTは医療現場でも使われていることからも健康食品としてのイメージが強いですが、ダイエットにも効果的である側面も持っています

 

これは2017年にTBSで放送されたダイエット総選挙という番組で紹介されていたダイエット方法です。

 

この番組ではダイエットしたい女性がグループに分かれてさまざまなダイエット法に取り組んだのですが、MCTオイルダイエットに取り組んだグループが他のグループに比べてダントツに減量に成功したというものでした。

 

MCTオイルダイエットのポイントは

・糖質を制限し

・MCTオイルを飲むということです。

 

これにより筋肉は落とさずに脂肪だけを減らせるというダイエットが目指せるのだそうです。

 

MCTでダイエットできる仕組み

MCT(中鎖脂肪酸)は体内に取り込まれるとすぐにエネルギーに変わります。ですので、普段の食事で使用する食用油をこの中鎖脂肪酸に変えることで脂肪が体に蓄積することを気にせずに食事をすることができます。

 

さらに、MCT(中鎖脂肪酸)で痩せられるもっと積極的な理由があります。それは、MCT(中鎖脂肪酸)を摂ることで体内にできるケトン体です。

 

MCTダイエットには糖質も制限するという条件も必須なのですが、糖質を減らすことはブドウ糖を減らすことを意味します。

 

ブドウ糖が体内から少なくなると自動的にケトン体がエネルギーとして使われるようになります。ケトン体がエネルギーとして使われるようになると体内の脂肪を燃やしてエネルギーに変換するようになるので痩せやすい体質になるのです。

 

また、ケトン体には満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きがあるため空腹感も抑制されます。

 

冬眠中のくまは何も食べないので体がケトン体質になります。ケトン体質になった体は冬眠前に蓄えた脂肪をエネルギーにかえてつかうので、空腹感を感じずに春まで眠っていられるようになるのです。

 

MCTダイエットの方法

MCTダイエットでは、MCTオイルを摂取しながら糖質制限も行います。摂取カロリーはMCTオイルも含めて1日1400kcalに抑えます。

 

なかなか厳しいダイエット方のように感じますが、MCT(中鎖脂肪酸)が体の中にケトン体を増やしてくれるので、空腹感を感じること無く続けることができます。

 

これに運動を加えることで、CMの長谷川潤さんのように筋肉が美しい体になれるかもしれないのです。

 

MCTコーヒーダイエット

MCTはコーヒーとの相性も良いことから、ダイエットにもさまざまな相乗効果をもたらしてくれます。

 

作り方は極めて簡単です。ホットコーヒーにMCTオイルを小さじ一杯を入れて飲むだけ。(MCTオイルの1日の摂取量は大さじ2杯までです。摂りすぎるとお腹がゆるくなる場合があります。)

 

MCTが溶けずにコーヒーの上に浮かびますが、気になるなら小さい泡立て器でまぜてください。

 

MCTコーヒーダイエットについてはこちらも参考にしてみてください。

▼▼▼

MCTコーヒーダイエットを簡単に続けられる方法をみつけた!

日清オイリオのMCTオイル利用者の口コミ

◆ダイエットをすると1日中食べ物のことばかり頭に浮かんだりして、なにか食べないと落ち着かない状態になります。でも、MCTオイルを摂りながら食事制限をすると嘘のように食欲が抑えられダイエットがスムーズにできました。

 

◆多少ご飯は控えていますが、毎朝のコーヒーに入れて飲んでいるだけです。3ヶ月過ぎた頃から目に見えて体重が落ちるようになりました。人の顔を覚えていないと行けない仕事なので体重管理と認知症予防のために続けようと思います。

 

◆糖質制限ダイエットをしながら毎日摂取していますが、これを飲むと腹持ちがよいです。物忘れも減ってきたように感じます。

 

◆MCTオイルは生活必需品です。肝臓に疾患があるので毎食10cc3回摂取しています。

 

◆ケトン食をしている息子の必需品です。

 

◆食が細いのでエネルギー補助のためにとっていますが、効果がありと感じています。

 

ここまでが口コミです。(個人の感想)

※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

 

 

長谷川潤さんCMの日清MCTオイルは楽天で購入できます。

▼▼▼

日清MCTオイル 400g 【日清オイリオ 中鎖脂肪酸】《あす楽》

健康
patapataをフォローする
これいいかも!ミドル・シニア世代の暮らしと健康のために