自立式ビブレハンモックを最安値で購入。我が家のリビングにどう?

ハンモックを見るたびに子供のころ(といっても昭和初期のはなし)家の柱に括りつけられたハンモックで、弟たちと遊んだことを思い出すといいながらほしそうにしている母のためにハンモックを調べていました。

家の中にはハンモックを括りつけられるような柱なんて当然ないので、ねらいどころは自立式のハンモックです。様々の会社からたくさんの種類のハンモックが販売されていますが最有力候補はVivre(ビブレ)の自立式ハンモックです。

そこで、Vivre(ビブレ)の自立式ハンモックについていろいろ調べてみることにしました。

自立式ビブレハンモックはこれです。
▼▼▼

自立式 Vivere ビブレ ダブルハンモック 【送料無料】

自立式ビブレハンモックは母のあこがれ。ここがイチオシ

◆ハンモック選びの重要なポイントは、安全で安定感があることですよね。

 ハンモックの幅

ハンモックの上で動き回ったり、寝返りを打ったり安定した使用感を得るためには、ある程度の幅が必要。その目安となる幅は、使用者の肩幅の2.5倍だそうです。ですので、日本人の男性を基準にした場合は118㎝以上女性の場合ですと103㎝以上なければなりません。ビブレの生地のサイズは長さ240㎝で幅160㎝ハンモックの中で大人が寝返りを打っても余裕があります。

高さ調節機能

ハンモックの位置が高すぎると乗り降りが不安定でケガの原因になります。低すぎても地面にお尻がぶつかり危険です。ビブレは、使用人数の重量とハンモックの生地の伸びの試験したから高さ調整には30~40cmの幅が必要であるとを導き出しました。そこから、ビブレの専用スタンドの高さの調整幅を50㎝とし安全性を高めました。

また、ハンモックの生地は使っていくうちに少しずつ伸びていくこともとも考慮しなければいけません。ビブレのハンモックは、生地をかける位置を12段階に調整可能にしてあるので、使用する状況に合わせて簡単に位置をずらして調整することができます。

重量に対する安全性

ハンモックは商品ごとに耐荷重量が表記されており、それを厳守することで安全に使うことができます。しかし、商品によっては海外の製造元のデータを転用したり独自の基準で試験を行っている可能性があるため示されている耐荷重量の信頼性が低いこともあります。

ビブレハンモックは国際検査機関と日本の検査機関、社団法人日本文化用品安全試験所といった第三者機関での試験を実施して安心できる結果を得ています。

生地の耐久性

高級イタリア生地にも使われる編み込み製法をもとに独自のビブレ編みを開発。ハンモックに乗った時のちょうどよいしなり加減と高い強度を実現しました。日本の検査機関の耐久試験では1300㎏の重さでも生地は破れませんでした。

スタンドの耐久性

大人二人が乗っても平気なスタンドの耐荷重は300㎏です。一般日本人の体格から考えた時家族4人が乗ってもまだ余裕があるくらいです。

◆ もう一つのポイントは快適さです。

乗り心地

乗り心地に満足感が得られるように、ハンモックの中心軸と同じ位置にスタンドが配置し、乗るとき、揺れるとき、乗り下りするときの動作がスムーズに行えるように安定感のある設計になっています。

つつまれるような安心感 

ハンモックのフック部分には、U字型のつりさげ設計を採用しているため自然に生地が広がり、ハンモックにすっぽりと抱かれるような安心感が得られます。

野外での使用

スタンドには高級外車にも使われるパウダーコーティングを採用し、強度・耐食性に優れているため野外での使用も安心です。

自立式ビブレハンモックが最安値で買えないかチェック

ビブレの自立式ハンモックは、Amazonでも楽天でも購入はできますが、日本での販売が許可された「Refubrished Supplier」があるのは楽天です。メーカー希望小売価格39800円(税込)のところ19800円(税込)で送料無料での販売になっています。

ネットを見ているとたまにこの値段より安いビブレのハンモックを見ることがあるのですが、
並行輸入品(海外横流し品)であったりコピー商品であったり布地の部分は正規品であっても、スタンド部分がにせものであったりその逆であったりする場合があるので正規品を確実に手に入れるのであれば、楽天の公認販売店で購入するのが安心です。

並行輸入品を買った場合は、説明書が英語でのみ書かれていたりメーカー保証期間がなかったりということになるので、要注意です。

楽天の公認販売店で正規品を購入した場合の特典をまとめると次の通りです。

◆ メーカー希望小売価格39800円の50%off
◆ 送料無料
◆ メーカー1年保証
◆ ハンモックスタンドと生地をまとめて収納できるオリジナルバッグ付き

ビブレの自立式ハンモックを購入するときは、最安値よりも、正規品であることを重視し、
「Refubrished Supplier」で購入したいと思います。

自立式ビブレハンモックの公認販売店のサイトはこちらです。
▼▼▼

自立式 Vivere ビブレ ダブルハンモック 【送料無料】

購入した人たち口コミは?満足度は?

楽天での公認販売店での口コミ件数は253件評価も4.59点とかなり高いですね。最近の口コミをいくつかこちらにあげておきます。

♠ハンモックでゆらゆらするのが夢でした。大人二人合わせて130㎏くらいになりますが、問題なく横になれます。ベランダにスタンドを設置しておき、布はその都度付けるようにしてつかっています。

♠狭いリビングですが、ソファーの代わりに置いています。親子3人でハンモックに包まれながらテレビを見たり日常利用しています。

♠ダブルサイズにして正解、気持ちよくゆったりと寝転がれます。
普段リビングで使用しているので、デザートムートンが色合い的にも部屋になじみ良いのですが、野外で使う場合は、もっと派手な色の方が良いかもしれません。寝ごこちは抜群ですが、やはり大きいです。購入の際は設置場所は十分に確認をしたほうがよさそうです。

♠組み立ては女手ひとりで15分くらいでできました。
これなら老若男女誰でも組み立てられます。

♠20年も前にハンモックを経験した時は全く快適でなかったためあまり関心がありませんでしたが、家族の強い要望で購入。使ってみるとあまりの気持ちよさにびっくりしました。一度寝転がるとなかなか出られません。これは人間をダメにするかも(笑)布面積の広さと夏でも暑くない素材も気に入っています。

口コミは以上です。

(※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。)

ハンモックの日常使い、いいですね。我が家もボロボロになったソファーを処分して
そこに設置すれば何とかなりそうです。だんだんと現実味を帯びてきました。

組み立てはカンタンなの?これ大事です

うちは母と私の女子二人なので、組み立てが簡単でなければいけません。口コミには老若男女大丈夫なんてありましたが・・とりあえず完成までの流れを見てみることにしましょう。

まずは作業スペースを確保します。スタンドのサイズは約250cm×112㎝。組み立てた後スタンドを動かす余裕が必要なので作業スペースとしては300㎝×150㎝以上あった方がいいです。

① まず部品が全部そろっているかか確認します。

② まっすぐの棒を足となるパーツの両方に差し込みます。

③ ネジ穴を合わせネジをしっかりと締めきります。

④ 左右のネジを締めたら上と下を反対におきなおします。

⑤ 締めたネジの部分が地面側をむいていればOKです。

⑥ 残った棒をネジ穴を合わせて差し込みます。

⑦ 合わせたネジ穴にネジを刺しこみしっかりと最後まで締めます。

⑧ ハンモックのひもを取り付けるフック金具を取り付けます。

⑨ ハンモック生地の端のひもをフックに取り付けます。

最後の確認。一度乗ってみてお尻の位置の高さを調節します。⑧のフックの金具は位置を変更できるので最適な状態に調整してください。

慣れてくれば3分もあれば組み立てられるとのことですが、我が家の場合はソファーの代わりに一度設置したら、そこに固定して使うので一度組み立ててしまえばおしまいです。

組み立ての動画をお借りしてきました。

良くある質問は、私も知りたいことでした。

◆ スタンドの挿入部が硬い、入りにくいという口コミもあるけど大丈夫かな。

商品の安全性を考えたら抜けやすい方が問題。なので若干きつめに作られているとのことです。まっすぐ入れれば問題なくはいるとのことですが、どうしてもはいらないというような場合は連絡すると対処してくれるとのこと。

◆ 室内で利用する場合、床に傷がつかないかな?

我が家は古いので床の傷の心配はしていないけど賃貸の場合や新築住宅の場合はこれ気になりますよね。傷に関しては、床との接触部にゴム製のキャップがついているので問題が無さそうです。でも、組み立てるときは床にシートを敷いた方がいいかもしれませんね。

◆ 分解した時の大きさは?

様々なシチュエーションで使いたいから大事です。付属の持ち運び用バックに入れた状態で130㎝×20㎝×25㎝です。

◆ 保証期間は?

日本の公式販売店「Refubrished Supplier」で購入した場合1年間の保証がついています。
折りたたみ式のハンモックに比べ組み立て式のビブレハンモックはひずみが出にくいのですが、1年間を通して不具合が見つかった場合対処してもらえます。

ハンモックの安定感は?

安物のハンモックスタンドに座ったことがありますが、降りるときにひっくり返りそうになりました。ビブレのハンモックに寝ころんだ時の安定感はいうまでもなく乗り下りするときの安定感も間違いありません。

ビブレのハンモック・・・ほしい。
しかし、我が家に迎え入れるためにはまず、ソファーをどかさなくちゃいけませんね。

自立式ビブレハンモックの購入サイトには下の画像から入れます。

▼▼▼

シェアする

フォローする