ムシバイを最安値の販売店で買って遊びに来る孫と嫁のために備える

子供を虫歯にしたくないという息子や嫁の気持ちはわかるから、食事やおやつははできるだけ彼らの意向に沿うように気をつけています。自分の箸で取り分けたり、孫に食べさせたりなんてことはいたしません。

特に気を使うのは嫁、子供には絶対に虫歯菌を移したくないオーラをビンビンと感じます。

そんな嫁と孫対策にみつけたのがムシバイです。これは、ヨーグルト味のタブレットでこれを口に入れるだけで虫歯を予防してくれるというスグレモノ。最安値の販売店をチェックして孫と嫁のために準備しておきます。

 

先に商品をご覧になりたい方はこちらです。

▼▼▼

ムシバイ

 

ムシバイを最安値で買う!販売店はどこなの?

息子夫婦は孫を我が家に預けて普段できな用事を済ましてくるのですが、おいていかれた孫がぐずったり、いうことを聞かなくなったり。

 

そんな孫をなだめようとうっかりお菓子をあげてあとで怒られるよりは、ムシバイをお口に入れたほうが良いかも・・といそいそと注文。

 

ただ、特許成分配合の健康補助食品であるのでお値段も結構します。公式サイトでの通常価格は7980円でした。現在のところ楽天やAmazonでの販売はしていません。

 

公式サイトでは、現在特別キャンペーン中ということで通常価格の87%off 980円で購入できることが判明。なので、公式サイトでのこの価格が最安値となりますね。

 

これは定期コースでの申込みとなるのですが、回数の条件はないため初回だけ980円でお試しすることも可能。初回だけでなくずっと続けたいという場合は、2回目以降もずっと37%0ffとなるのが嬉しいですね。

 

子供が味を嫌がったリ、合わないと感じたときは使用済みでも30日間の返金保証があるのも公式サイトならではの特典です。

 

今回は初回ということで980円で購入できましたが、もし、息子夫婦が今後も続けたいというのであれば、ジジババが身銭を切って孫のために継続してあげようかと思っています。

 

➡実質980円でお試し!ムシバイの公式通販サイトはこちらです。

 

ムシバイで解消!孫の歯を巡る葛藤

歯の組織に住み着く虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。子供が虫歯になる原因は身近にいる大人から虫歯菌が移ってしまうからと、虫歯菌を移したくない親と 虫歯予防に無頓着なおじいちゃんおばあちゃん世代との間で様々な波紋が起きています。

 

 

😈 虫歯が多い実母に育てられ自身も虫歯で苦労した娘が、孫が実母にキスされたと逆上しそれ以来孫に会わせていない。

 

😥 2歳になる子供をつれて義父母の家に行き食事をしたのだが、義母が自分の箸でおかずを孫の口に入れたり、直接かじって小さくして子供に食べさせたりするので心の中で泣き叫んでしまった。

 

など、歯科では乳歯が生えてくる2歳前後の時期を「感染の窓」と呼ぶそうでこの時期に虫歯菌が移らなければ、その後も虫歯になりにくいと言われているため必死になるのも無理ありません。

 

ただ、虫歯菌を移さないというのは実際には至難の業で、無菌室で育てない限り不可能であるといっている歯科医もいます。子供に顔を近づけたり、抱っこをしたりするだけでも虫歯菌が移るとさえ言われているのですから・・・

 

そうなってくると、虫歯菌に対して神経質になリ親子関係や姑嫁関係がギクシャクするよりも、もっと積極的な方法で子供のお口をケアしたほうが良さそうです。子供の口腔ケアを行うためのグッズも増えてきていますからね。

 

歯磨き粉であれば善玉菌BLISで虫歯になりにくい口内環境を作るブリアンとか、お菓子代わりに子供に与えることで口腔ケアができる美味しいタブレットとか。

 

注意)お菓子代わりとしてたくさん上げるのはNGということは後で知りました・・

 

こういったものを上手に利用しながら子供の虫歯対策をしたほうがストレスもなくなり、円満な関係が築けるのではとジジババの立場から思う次第。その一つの選択としてうちはムシバイにしたというわけですね。

 

子供の歯を虫歯菌から守るために

子供の歯を大人の虫歯菌や歯周病菌から守りたい。その気持はわかりますが、完全に無菌状態にすることはほぼほぼ不可能。どんなにがんばっても、口の中に細菌や微生物が生息してしまうことは免れません。その種類は500種類以上、その数は1000億個から1兆個にも及ぶのだそうです。

ただ、この菌の中には悪玉菌も善玉菌もいて混在しているわけで、歯と口の健康を維持するために大事なことは、悪玉菌よりも善玉菌を優位にすること。これができれば歯と口の健康はいくらでも健康な状態に保てるのです。

 

ただ、子供の場合は、

・歯磨きをいやがったり
・夜のご飯のあとに歯磨きをせずに寝てしまったり
・歯磨きをしたそばからお菓子を食べ始めたり
・上手に歯磨きができずみがき残しがあったりと

気をつけようにも、親の思い通りにいかないことが多々あります。

 

そんなときに便利なのがお菓子タイプの口腔ケアグッズ。ムシバイはこの条件をしっかりと満たしていました。

 

ムシバイの善玉菌 クリスパタス菌 KT-11

お口の中を健康な状態にするためには、お口の中の善玉菌を増やし優位にすることが大切であると書きましたが、そのためにムシバイで採用されているのがクリスパタス菌KT-11という善玉菌です。

クリスパタス菌 KT-11

クリスパタス菌はヒト由来の乳酸菌で赤ちゃんが産道を通って生まれてくるときに最初にお母さんからもらってくる乳酸菌です。

クリスパタス菌の特徴

・特許技術によって生まれた最新の乳酸菌です。

・ヒト由来のクリスパタス菌は細菌の増殖や炎症を抑制して虫歯菌から歯を守ってくれます。

・クリスパタス菌は熱にも強く180度に加熱してもその機能は失われません。

 

その他の特徴

特許成分PS-B1を配合

これは自然由来の成分で口の中の善玉菌の働きをサポートし口腔内環境を整えます。培養に有機大豆を使用しているため乳アレルギー子供でも使用可能です。

キシリトール70%配合

砂糖と同じくらいの甘みがありながら虫歯菌の原因となる酸を作らない甘味料です。甘みがあることで唾液の分泌が促されると同時に歯の再石灰も期待できる成分です。

子供のカラダに優しい成分だけ使用

これらの成分は一切使用されていません。

殺菌剤
発泡剤
合成着色料
合成保存料
合成調味料
牛乳アレルゲン
グルテン
糖類
ポリエチレングリコール
刺激
グリセリン
フッ化ナトリウム
発色剤
漂白剤
パラペン

ムシバイに副作用はないの?

大豆アレルギーは注意

ムシバイは乳製品は配合されていないので乳アレルギーがある子供でも安心ですが、乳酸菌を培養するために大豆が使用されているため大豆アレルギーがある場合は使用を控えるようにしてください。

キシリトールでお腹がゆるくなる

まれにキシリトールでお腹がゆるくなる場合があります。子どもが勝手に袋からムシバイを取り出して食べ過ぎたりしないようにしっかりと管理して与えるようにしてください。

 

ムシバイを使用しているご家庭の口コミ

歯磨きの仕上げにムシバイを使用しています。最初、歯磨きをしたあとにものを口に入れるということに抵抗がありました。でも、歯磨きもすすんでやるようになったし虫歯もいまのところ0なので結果的に良かったかなと思います。

 

うちの子は歯ブラシを見ただけで逃げ回り戦闘態勢にはいります。全く歯磨きをさせてくれないので友人に相談したらムシバイのことを教えてくれました。歯磨きができたときのご褒美としてムシバイをあげることにしたら、すすんで歯磨きをするようになりました。我が家にとってムシバイは神アイテムでしたね。

 

毎日しっかりと歯磨きをさせていたつもりなんすが虫歯ができてしまいました。まだ乳歯だったので今が大切なときだと思いムシバイを試してみることにしました。歯磨き後の仕上げに食べさせています。磨き残しがあるのか心配だったのですが、これでひとまず安心です。

 

ここまでが口コミです。(個人の感想)

※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しました。

こちらが孫と嫁のために買ったムシバイです。

 

30粒入っています。

 

大きさは碁石より二回り小さいくらい

  

こっそり1粒いただきました。

味はまさにこれでした。

 

➡美味しいので大人気!ムシバイは口コミでも高評価

 

健康
patapataをフォローする
これいいかも!ミドル・シニア世代の暮らしと健康のために