ベノサン7000と5000の違いは?口コミからみるそれぞれの評価

足のむくみもまた40代女性にとっては悩みの種ですよね。

 

放っておくと冷えの原因になったり下肢静脈瘤といった病気の原因となったリと心配です。

 

そんな足のむくみや疲れに最適なのが着圧ソックスですが、中でもVENOSANベノサンの弾性ストッキングは、厚生労働省の医療用機器許可も取得している最高レベルの医療用ストッキングとして確かな信頼を得ています。

 

ここではベノサン5000とベノサンの最上位モデル7000の違いに焦点をあてながら医療用弾性ストッキングについて調べて見ようと思います。

 

ベノサン7000と5000のどちらも使用した方の口コミから

 

◆ 着圧ソックスをいくつか試してたどり着いたのがベノサンです。最上位モデル7000が出たことを知り購入しました。5000よりも厚手ですが、しっとり感があります。色は5000よりも黒いので使いやすいです。履き始めは5000でも十分!なんて思いましたがしっとり感がやみつきになりました。

 

◆ 元々5000を使用していたので効果は確認済み。上位モデルが気になり購入したのですが、生地がしっかりしていて厚みがあるのに驚くほど蒸れず、肌触りもこの上なく良いです。5000には戻れなくなりました。

 

◆ ベノサン5000のつま先なしを使用していましたが、今回はベンサン7000のつま先アリを購入。シーセル繊維のおかげなのか5000よりもするりとはいりました。5000の時は履くのに苦労した記憶があります。

 

◆ 今回で3回目の購入です。同じサイズでも5000の方がきつめに感じます。7000は着やすく、締め付けも程よく感じます。

 

◆ 下肢静脈瘤で手術をしてから、ベノサンを5年ほど使用しています。ベノサン7000はひざ下のゴムがきつくなくていいです。生地は厚いですが夏でも不快感はありません。

 

◆ 7000は5000よりも厚いですね。最初見た時こんなのはけるんだろうかと思いましたが、足を入れてみるとするっと入り着圧も心地よいです。

 

◆ ベノサンは気に行って2足持っています。7000には保湿成分が含まれているとのことすが、確かに脚がしっとりします。通気性はあるとのことですが、夏は少し暑そうな気がします。

 

◆ 7000は5000よりもしっかりとした生地で着圧効果は抜群です。

 

ここまでが、ベノサンの5000と7000を使用された方の口コミです。

(※著作権の関係から内容はそのままで修正し掲載しています。)

 

履き心地や肌触りの良さは、やはり7000の方が良いとする人が多いですね。

 

ただ、7000の方は生地が厚くてしっかりしているので、夏や沖縄などの暑い地域の人は使いにくいという意見もありました。

 

ベノサン7000と5000の違いについて

VENOSANベノサン7000(最上モデル)の仕様

 

着圧     14~43hpa 弱中強の段階式着圧
32mmHg(足首)
23mmHg(ふくらはぎ)

色と形    ベージュ・ブラック/つま先(有・無)

耐久性    洗濯機で毎日洗ったとして着圧効果は6ヶ月継続 (洗濯ネットで)

医療機器承認 医療機器番号取得

 

素材   

ベノサン従来の高級素材であるライクラ、タクテルに海藻由来の保湿効果を持つシーセルを採用されており、着やすさと着心地に特化して作られています。

 

通気性    

シーセル・タクテルなどの吸湿力に優れた糸を使用しているため足をいつもさらさらで清潔に保てます。

 

ニオイ・抗菌 

シーセルに含まれているは銀繊維が防臭・抗菌効果をもたらします。

 

VENOSANベノサン5000の仕様

 

着圧     14~43hpa 弱中強の段階式着圧
32mmHg(足首)
23mmHg(ふくらはぎ)

色と形    ベージュ・ブラック/つま先(有・無)

耐久性    洗濯機で毎日洗ったとして着圧効果は6ヶ月継続 (洗濯ネットで)

医療機器承認 医療機器番号取得

 

素材     

弾力性・吸湿性・防臭・抗菌効果のある高級素材ライクラ・タクテル・銀繊維使用。

 

通気性    

吸湿性の高いタクテルが清潔でサラサラに足を保ちます。

 

ニオイ・抗菌 

銀繊維が防臭・抗菌効果を持ちます。

 

ベノサン7000と5000はどちらも着圧は同じで足首が32mmHgでふくらはぎが23mmHgです。

 

7000と5000の大きな違いは素材ですね。

 

7000には海藻由来の保湿効果を持つシーセルという素材が使われています。

 

このシーセルの保湿効果と繊維に含まれるミネラルやビタミンが肌をしっとりさせかゆみや炎症を抑えてくれます。

 

これにより、弾性ストッキングはかゆくなるので履けないという敏感肌の人でも抵抗なく使えるようになりました。

 

いずれにせよ、7000も5000もむくみや下肢静脈瘤などの治療に使われているものであるので
医療用弾性ストッキングとしてはどちらを選んでも問題はないと思います。

 

医療用弾性ストッキングが楽天で購入可能に

 

ペノサン7000はのメーカー希望小売価格18360円(税込)と着圧ストッキングとしては高額です。

 

でも、医療用弾性ストッキングが病院でしか購入できなかったときは入手も困難なうえ
30000円近くしたものでした。

 

逆流した血液やリンパの流れを正常に戻すという治療効果はそのままで、従来の6割の価格で提供できるようになったものがベノサンの弾性ストッキングです。

 

ベノサン7000の口コミを見ていると半額で購入したという声も見られました。

楽天ではたまにタイムサービスがあったりクーポン券が発行されることがあるので、タイミングが良ければ、かなりお得に購入できることもあるようです。

 

楽天での現在の販売価格は11,016円です。

 

どのタイミングで通常価格に戻るかわからないので
お早めにチェックしてくださいね。

▼▼▼

 

 

一方、昨年一時的に入荷待ち状態になったベノサン5000ですが、現在は、メーカー希望価格16,200円(税込)のところ9720円(税込)送料無料で購入できます。

 

▼▼▼

 

楽天のベノサンの日本正規代理店で購入することで、ベノサンケアに無料で入会し特典を受けることができます。

 

特典内容は

1.電話サポート

ベノサン7000の正しい取り扱い方法や使用方法に関して相談したりできます。
また製品にトラブルがあった場合にもこちらを利用ください。

2.6ヶ月保証

ベノサン7000は通常使用、正しい洗濯や保管したうえで
6ヶ月以内に破損した場合は新品のものと交換してもらえます。

3.医療機関の紹介

足のトラブルの原因や治療に関して
専門機関をご紹介などのサポートをしてくれます。

 

わたしのための着圧ストッキングのススメ

 

ベノサンは治療目的の弾性ストッキングであるため、その症状に合わせて着圧を自分用にカスタマイズしてもらえます。

 

◆サイズのカスタマイズ

既製品のサイズを基準に少し短くしたりとかひざ下を長くしたりすることができます。

 

◆着圧のカスタマイズ

もう少し強い圧にする、あるいはもう少し弱くといったオーダーができます。

基準の圧が32mmHgを46mmHg」にした場合は強圧に、基準の圧が32mmHgを21mmHgにすれば弱圧になります。

 

ストッキングのカスタマイズに関しては、information@venosan.co.jp にて直接ご相談くださいね。

 

使用するタイミングは?

 

ベノサンのストッキングにはつま先があるものとないものの2種類でレギンスはありません。

 

レギンスタイプのものは、足首より下を圧迫することができないので逆に静脈の血流を停滞させることになるからです。

 

ですので、ひざ下までのハイソックスタイプの弾性ストッキングが理想的な形です。

 

履くタイミングは足がむくむ前から履いておくということがポイントです。

朝、出かける前から夕方までの日中の着用が良いでしょう。

 

よく着圧ストッキング着用したまま寝る方がいますが、これはあまり意味がありません。

 

なぜならむくみのは水分が重力により引っ張られることが原因でだからです。

 

ですので横になっているときに足に圧をかけることはほとんど効果がないのです。

 

夜寝るときは無意味に足を圧迫することなく、ストッキングを脱いで自然な状態で休むようにしてください。

 

医療機関でも夜間の使用はおすすめしていないそうです。

 

健康
patapataをフォローする
これいいかも!ミドル・シニア世代の暮らしと健康のために